バルトレックスはヘルペスウイルスに強力な効果をもっている抗ウイルス剤です。ヘルペス以外のウイルス性の病気にも効能がありますのでバルトレックスを有効に活用していきましょう。

性器にぶつぶつはバルトレックスと遠赤外線治療

性病の一つでもあるヘルペス。性器や口唇にぶつぶつができることで症状に気付きます。このヘルペスは見た目にぶつぶつとした症状が出てくるので、罹患したことがすぐにわかる病気の一つです。口唇にできた場合は、見た目にもよくありませんので、早く治したいですよね。

ヘルペスの治療によく用いられる薬としてバルトレックスというものがあります。このバルトレックスは、「塩酸バラシクロビル」という成分のことを言います。この塩酸バラシクロビルが、疱疹やヘルペスの原因となるウイルスを攻撃してくれ、そして増殖を抑えてくれます。ヘルペスの発症から5日以内、発現してから早いうちにバルトレックスを服用しますと、ウイルスを抑えてくれ、症状を軽くしてくれます。ぶつぶつに気付いたら、早めに病院に行き、処方してもらいましょう。

バルトレックスの副作用としては、胃腸の不快感、眠気、頭痛などがありますが、小児の水疱瘡の時にも処方される薬でもありますから、副作用は少ない方です。しかし、風邪薬と同じように眠気がくることがありますので、運転などは避けましょう。多めの水分と一緒に服用することで、副作用が軽減されますので、服用するときには多めに水を飲みましょう。

ヘルペスは一度なってしまうと、繰り返してしまう病気でもありますから、予後も予防して生活をしていくことが大切です。健康な生活を送ることが一番の予防になりますが、その手助けとして、遠赤外線治療なども有効です。遠赤外線治療は、体の代謝を上げ、血流を良くしてくれます。これはヘルペスにも効果がありますので試してみてはいかがでしょうか。バルトレックスと遠赤外線治療を併せた治療で、ヘルペスは軽い症状で済ませることができます。