バルトレックスはヘルペスウイルスに強力な効果をもっている抗ウイルス剤です。ヘルペス以外のウイルス性の病気にも効能がありますのでバルトレックスを有効に活用していきましょう。

寄生虫病やヘルペスの診療を受けたらバルトレックス

ヘルペスは感染症、寄生虫病の一種で、ウイルスに感染することで発疹や水ぶくれができます。主な感染場所は口唇や性器などで、接触や飛沫感染、性行為などが原因と考えられます。ヘルペスを治療するには、ウイルスの増殖を防ぐ必要があります。口唇や性器などに腫れものができて痒みや痛みを伴うのであれば、早めに泌尿器科や婦人科で診療を受けることが大切です。
病院で診療を受けることでバルトレックスを処方してもらえますので、1日2回の服用を行います。バルトレックスはDNAポリメラーゼ阻害薬で、体内でウイルスのDNAの複製が行われることを阻害できます。病院でヘルペスの診断が行われたときには、口唇ヘルペスであれば5日間の薬が処方されます。性器ヘルペスの場合については、再発の恐れがあることから、処方される量の上限は設定されていません。再発を予防するためには、長期的なバルトレックスの服用が必要です。現在の医学であっても、完全にヘルペスウイルスを撃退することはできず、再発する可能性があるために、再発する度にバルトレックスを服用することがおすすめです。
服用するにあたっては水を多めに飲むことが推奨されており、眠気や頭痛、胃腸症状を感じることがあります。薬剤が代謝されるまでに、消化器官に負担をかけてしまうことが原因ですが、バルトレックスについては副作用の発現率は低いものと考えられています。水分の補給量を増やすことで、副作用の発現率を下げることが可能になります。病院で処方を受けることができますが、再発防止用に常備しておくことが好ましいと言えます。個人輸入業者が販売をしている、インターネット上の通販サイトを利用して購入することも可能です。