バルトレックスで元通り!

バルトレックスはヘルペスウイルスに強力な効果をもっている抗ウイルス剤です。ヘルペス以外のウイルス性の病気にも効能がありますのでバルトレックスを有効に活用していきましょう。

バルトレックスは何に使えるのか

バルトレックスは、単純疱疹の治療や造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症である単純疱疹の発症抑制、水痘の治療、帯状疱疹の治療、性器ヘルペスの再発抑制治療に有効とされ、アメリカやヨーロッパ各国で抗ウイルス化学療法剤としている認可されています。
バルトレックスは、バラシクロビル塩酸塩を主成分とする抗ウイルス剤であり、体内でデオキシリボ核酸複製時に必須とされるデオキシグアノシン三リン酸と分子構造が類似しているアシクロビルに分解され、デオキシグアノシン三リン酸に置換される事でデオキシリボ核酸ポリメラーゼ阻害作用を示し、水痘や帯状疱疹、単純ヘルペスウイルスの増殖を抑制する絶大な効果を示します。又、バルトレックスは、抗ウイルス剤ゾビラックスの主成分であるアシクロビルにバリンが付加された事で腸での吸収率が飛躍的に高くなり、1日の服用回数が5回程度から2回に1日の服用回数が減り飲み忘れ等が無くなり治癒率が向上しています。
バルトレックスは、単純ヘルペスや水痘、帯状疱疹の治療だけで無く、人の神経節の奥深くに潜むヘルペスウイルスに対しても、デオキシリボ核酸ポリメラーゼ阻害効果があり高い再発抑制作用を示すとされています。
バルトレックスは、性器ヘルペスや口唇ヘルペスの治療においては用量500mgを1日2回の服用を5日から10日程度継続しますが、再発抑制や予防の治療においては用量500mgを1日1回の服用を1年継続します。又、水痘や帯状疱疹の治療においては用量500mgを1日3回の服用を7日から10日程度継続します。しかし、バルトレックスを飲み忘れた時には、基本的には服用を1回抜いてでも服用サイクルを厳守し、間違っても2倍量を1度に服用する事が無い様に気を付けます。

バルトレックスはどこで買えるのか

こうヘルペス薬のバルトレックスを購入したいのであれば二通りの方法があります。
一つ目は病院で医師に診断してもらった上で処方して貰う方法でありますが、保険が適用されても薬価がかなり高い上に、性器ヘルペスの場合は再発抑制のための保険適用がありますが、基本的には予防目的で処方して貰う場合は保険が適用されません。
しかも、診察代や交通費なども考慮するとかなり高額な出費となります。
二つ目の方法としては個人輸入で海外から医薬品を手に入れる方法となります。
輸入というと現地の言葉を理解したり税関手続きを行う必要がありますが、インターネットが普及している現在は個人輸入代行業務を行っている業者が通販サイトを運営しているので日本の一般的な買い物と同じようにして購入する事が出来ます。
しかもジェネリック医薬品も取り扱っているのでかなり安い値段で治療薬を手に入れる事も可能となっています。
病院へ行く手間を考えるとかなり便利な個人輸入ですが、その一方で注意しなければならない事もあります。
日本では医薬品は病院で医師に診断してもらった上で処方するようになっているのは意味も無く行っているわけでは無く、安易な医薬品の使用は非常に危険な面もあるからです。
例えば、薬を併用すると副作用が強く出たり、病気を抱えている人は病気の症状を悪化させてしまうという事もあります。
個人輸入は手軽に入手できますが、自分自身で薬について十分理解した上で利用しないと危険であり、そうした事を極力防ぐためにも病院で処方して貰った方が安全です。
また、個人輸入の問題点の二つ目として悪質業者も存在するという事が挙げられます。
注文したのに商品が届かなかったというのはまだ良い方であり、不衛生な環境や有害な成分が混ざった偽物が手元に届くという事もあるのです。
それでも個人輸入を利用するならば、信頼の出来る通販サイトを利用するようにすべきです。

バルトレックス以外のヘルペスの治療薬とは

バルトレックスは、口唇ヘルペスや性器ヘルペス、水痘、帯状疱疹の治療薬として世界中の国々で使用されて来た医薬品であり、イギリスのグラクソ・スミスクライン株式会社が製造販売するバラシクロビルを主成分とする第2世代の抗ウイルス化学療法剤ですが、第1世代抗ウイルス化学療法剤に分類されるファムビルやゾビラックスもヘルペスの治療薬として現在も世界中で処方されています。
ファムビルは、2008年に厚生労働省に認可されたノバルティスファーマ社が製造販売するデオキシリボ核酸ポリメラーゼ阻害薬であり、ファムビルの主成分であるファムシクロビルが感染細胞内でペンシクロビル3リン酸に代謝され、ヘルペスウィルスのデオキシリボ核酸の複製を阻害しヘルペス症状の改善や抑制する効果があります。
ゾビラックスは、バルトレックスと同様にイギリスのグラクソ・スミスクライン株式会社が製造販売する第1世代の抗ウイルス化学療法剤であり、デオキシグアノシン三リン酸に酷似しているアシクロビルを主成分とするデオキシリボ核酸ポリメラーゼ阻害薬です。アシクロビルは、ヘルペスウイルス感染細胞内でデオキシグアノシン三リン酸と置換する事でデオキシリボ核酸の複製を阻害し、ウイルスの増殖を阻害しヘルペス症状の改善や抑制する効果があります。しかし、アシクロビル経口服用すると胃などで吸収され生物学的利用能が10%~20%と低い為に、1日5回程度服用する必要があります。
第2世代の抗ウイルス化学療法剤バルトレックスは、アシクロビルにLバリンを縮合結合させる事で腸での吸収率が上がり、生物学的利用能が55%と非常に高くなり、1日の服用回数が2回~3回と少なくなっています。